遠近両用メガネと城崎温泉、旅館とマイクロスコープ

耳鼻科や眼科で用いられていたマイクロスコープが、1990年代になって歯科でも有効と判断され用いられるようになりました。歯科の施術は本来肉眼で行うものだったのですが、マイクロスコープを使用することによって最大20倍程度まで拡大して手術を行う事が可能になりました。

そのことにより、医師であっても肉眼では見づらい初期段階の虫歯の発見、小さな歯石・歯周ポケットの発見が可能になり、歯周病治療が格段に進歩しました。

また、手術中の作業を録画できる機能が搭載されているものもあり、これを用いれば手術後に患者にも手術経過を動画とともに説明できるので患者の不安が軽減されると言えます。


半身浴で楽しむ温泉

温泉に入る時に半身浴がいい、という事も聞いた事があります。全身お湯の中につかったままというのは確かに、体は温まりやすくなる事でしょう。

のぼせたりして長くお湯の中に入っている事ができない事もあります。半身浴の場合には、比較的のぼせにくいので比較的長く入浴する事もできます。

上半身が冷えてしまうのではないか、と心配する人もいるかもしれませんね。しかし、血液というのは全身を巡りますので、特に問題はないみたいです。

心臓の部分までお湯の中につかると負担となる事もあるみたいです。持病がある人などは、健康を害する事がない様にしたいですね。半身浴で温泉を楽しみたいですね。

ページのトップへ戻る